正しいスキンケアの順番と内容

スキンケアの基本は、ぬるま湯で埃を取り除く事、毛穴の汚れを乳化してから落とす点、そして洗い流した油分を補給する3つが基礎的なケアのコツです。
空気中には、洋服の繊維や人から発生したガスといった様々な成分が、風に乗り漂って顔に付着します。
多くの汚れは、水に溶ける性質を持っていたり、水で洗い流せる程度の粘着力で付着しています。
スキンケアは、顔の汚れを取り除く事が目的なので、簡単に洗い流せる埃等は最初の段階で落とします。
使用する水は、ぬるま湯でも構いませんが、後で洗浄剤を使う事を考慮する場合、皮膚を乾燥させない事が重要です。
その為、なるべく低い温度の水を使う事が望ましいといえます。
次のスキンケアは、毛穴を詰まらせる汚れと油の混合した塊、角栓を乳化させて取る段階です。
角栓は、顔に油がなければ発生したり成長しませんが、それでは顔が乾燥して年齢以上に老けさせてしまいます。
適度な油は、潤いを逃さない為に必要なので、スキンケアの観点からは新鮮な油分を補う事が大切なポイントです。
毛穴の汚れは、乳化剤を使用して柔らかくしたり、オイルと蒸しタオルで取り除ける状態にする方法があります。
次の段階は、スキンケアの中でも大切な洗浄です。
洗浄を行う際には、顔の表面を撫でたりする事で汚れを浮かび上がらせますが、過度な摩擦は皮膚を剥がしてしまうので厳禁です。
水や洗浄剤が浸透した状態の皮膚は、弱い摩擦でも簡単に剥がれ落ちてしまいます。
この時に擦り過ぎる事は、健康な皮膚を傷付けてしまうので、優しく触れる様に撫でる事が正しいスキンケア方法です。
スキンケアの最終段階は、潤いを与えて毛穴を締める保湿です。
保湿剤は、浸透力で水分を与えたり、肌に良く馴染み簡単に蒸発しない製品を選ぶ事によって、スキンケアを正しい結果に導きます。

■透き通った肌へ
コスメライトクリーム